CASE STUDY:事例紹介

ケアホーム匠様

認知症対応型共同生活介護・小規模多機能型居宅介護

利用者さんをやさしく見守りたい
決め手はプライバシーへの配慮

利用者さんの生活方針として、プライバシーの配慮を大切にされているケアホーム匠様。監視カメラ、ナースコール、部屋に鍵をかけるなどは避け、職員の目で利用者さんのケアをされています。なので、センサーの導入は今回のうろうろウォッチャーが初めてでした。うろうろウォッチャーは、利用者さんがシートを踏んで初めて感知し職員に通知されます。プライバシーを尊重しつつ、利用者さんをやさしく見守ることができる点が、うろうろウォッチャーを導入される決め手になりました。「東洋電装さんの、何度も施設に通い、職員の声に耳を傾ける姿に誠実さを感じたんです。改善・開発に全力で取り組んでいる熱心さ、そして私たち職員に対する丁寧な説明と対応から、東洋電装という会社に信頼感と安心を感じました。」と、ありがたいお言葉もいただきました。

課題

  • 夜間など居室時の見守り
  • 転倒リスクなどの不安
  • 排泄時間を把握したい

解決

  • センサーで利用者の場所把握
  • 転倒リスクの激減
  • 排泄時間の把握により、誘導がしやすくなった

開発当初から大きく改善 置き型から持ち運べる携帯受信器へ

シートが踏まれたことを置き型のパトライトでお知らせしていた開発当初のうろうろウォッチャー。センサーが感知したら、音を止めに事務室に一旦戻る必要があり、利用者の居室に向かうのに時間がかかっていたそうです。その手間をなくしたいというご意見から、開発し直し現在の携帯受信器を使用した製品になりました。また当初の製品の、数秒単位で踏まれたものも全部通知してしまう点も改善し、踏んでから1分間は何度踏んでも感知しないようになりました。
新しくなったうろうろウォッチャーについてケアホーム匠理事の熊谷様はこのようにお話されています。
「携帯型になって、すごく便利になりました。誰がシートを踏んだのかがすぐ分かるので、職員が駆けつけやすいです。それに携帯受信器は、光と音だけでなく振動でもお知らせしてくれるのがいいですね。簡単な設定で、音なしで光と振動のみなどパターンを変えられるので夜間の静かにしないといけない時のケアで大変助かっています。」

トイレ介助がスムーズになり職員の負担が激減

ケアホーム匠様では、うろうろウォッチャーをどのように使っているのか伺いました。
「1人ずつの居室内、ベッドサイドの床に設置しています。利用者さんが起き上がり、床に足をついた時に通知がきます。設置前は排泄介助にて定時交換と随時交換を併用していましたが、製品を設置してからは、トイレに入る前に職員が駆けつけることができるので、本人の排泄パターンの把握が可能になり、支援がスムーズになりました。1人の利用者さんにかかる介助の時間が少なくなり、職員の負担が減りました。また、ベッドから立ち上がったことが分かるので、設置前に比べて利用者さんの転倒リスクも大幅に減りました。」

すべての利用者さんに安心を 今後在宅での使用にも意欲

開発当初からケアホーム匠様には、うろうろウォッチャーの開発にご協力いただいています。製品を使った上でのご意見をもとに開発と改善に取り組み、少しずつカタチにしてきました。
熊谷様は、これからの取り組みについてこのように話されています。
「今は施設内での使用が主で、在宅での使用は一件のみなんです。今後は、在宅で一人暮らしの利用者さんにも、そのご家族様にも、安心して生活していただけるように在宅での使用にも取り組んでいきたいと思っています。」

導入した製品・サービス

みまもりシートセンサー ふむくる

シート6枚、受信器3台

お客様プロフィール
理事長
梶川正三様
理事
熊谷泰宏様

認知症対応型共同生活介護・小規模多機能型居宅介護
ケアホーム匠様

施設住所:広島県安芸高田市
入居者数:18名(9名2ユニット)

ケアホーム匠には、認知症によりご家庭での生活が困難になった利用者さんが生活しています。利用者さんのペースに合わせた生活環境を提供することで認知症の進行を穏やかにし、精神的にも安定した生活を送っていただけるよう心がけています。家庭的な環境のもとで利用者さんと職員が一緒に生活し、安心と尊厳のある生活を営めるよう支援しています。