2019年07月12日
補助金情報を追加しました。

IoT Can Help You!!
IoTができること

「スマホ1台」で介護の負担軽減
– 映像ナースコール/睡眠センサー/離床センサーなどをまとめて操作 –

「スマホ1台」で介護の負担軽減
– 映像ナースコール/睡眠センサー/離床センサーなどを
まとめて操作 –

介護施設のコミュニケーションは、人と人のふれあいがベースとなりますが、それを補助するものとしてナースコールやPHSが従来
から普及しています。
これからは、よりスタッフが入居者との
コミュニケーションを密にし、より良い介護を目指すためにロボットの導入が必須と
なっています。

これらロボットを導入することで、スタッフの負担を減らす
ことが出来ますが、それに
よりスタッフが持つ端末の数が
どんどん
増えています。

今後は従来からあるナースコールや、職員間の連絡手段、
ロボットとの通信も含めて
スマホ1台で対応することが
求められて
います。
介護記録、映像ナースコール、
睡眠センサー、離床センサー、
スタッフ間
音声通話、スタッフ対応状況共有、部屋の
環境情報
(温度、湿度、照度)などを
スマホ1台で対応します。

スマホ活用のポイント

●従来は…

  • PHSのみなのでナースコールとスタッフ間通話しかできず、離床や睡眠状態の把握、他のスタッフの対応状況などは確認できず無駄な動きが多い
  • PHSに加えてスマホや離床通知端末など多くの端末を持っており大変

●スマホ1台で…

  • 今までのナースコールの対応、スタッフ間通話に加えて、介護記録操作、睡眠状態の把握、離床の通知受信などスマホ1台で様々なことへの対応と共有が出来るので効率的に業務が出来るようになった
  • 何台も受信機やPHSを持つ必要がなく、スマホ1台だけ持てばよくなった

プラスワンメモ

スマホが苦手だと不安がある方へ
電話としてのスマホが苦手な人でも操作がしやすいよう各メーカーとも工夫をしているので、直感的な操作が可能となったものが多く、想像するよりも使い易いです。
一度触れてみてもらえればと思います。

スマホでできること

■ 入居者の睡眠状態を確認(まもる~の)

まもる~のは、マットレス下に設置したセンサーにより、
「寝ている」「起きている」
「離床」をパソコンや
スマートフォンで一目で確認することができます。
センサーはマットレスの下に設置するので、センサーが
邪魔になるなど意識する
ことはありません。
温度、湿度、照度などの居室の環境センサーも内蔵しており、
エアコンや照明の状態
なども確認することが出来ます。
また、以下のような様々なオプションや他のセンサーとの連携も用意されているので
スマートフォン一つで様々なことが可能となります。

【オプション】
● 足下センサー(離床を瞬時に通知します)
● ナースコール連動・離床検知マット

▲ 確認画面イメージ

■ 居室内の状況を確認(ココヘルパ)

スタッフはすぐさま居室内の映像を観る事が
できるため、
駆けつける前に状況を判断し、
より迅速で効率的な行動を取る事が
できます。
一般的なナースコールシステムの会話機能より
優れた伝達機能を
実現しました。
呼出ボタンを押しスタッフが信号を受け取ると
居室内に設置された
対話ユニットが作動します。
ハンズフリーのユニットなので特別な操作を
必要とせず、
自動的に映像+音声による通話が
開始されます。

▲ インシデントレコーダー
▲ スマホ画面

■ スタッフ間の情報共有(ココヘルパ)

専用のアプリを搭載したスマートフォンで呼出し信号を
受信するので、
ケアスタッフは施設のどこにいても正確な
呼出し情報を見れます。
更に誰が対応したかも表示されるので、着信から伝達までの
連携作業を確実に
サポート。
ケアスタッフは効率良く行動できます。

▲ スマホ画面